月に吠えて、蝶を夢む

“最佳的译文永远在路上”

【翻译练习】三好达治「師よ 萩原朔太郎」

 

师啊,萩原朔太郎

    三好达治

 

幽愁之郁结 

怀疑与厌世,思索与彷徨 

您那令人眷怀的人格 

如温暖熔岩(lava) 

不可思议之音乐凝作不朽之结晶—— 

啊,那无人能抓住的灰色影子 

啊,诚然,您便同其影般飘忽不定 

行过破落寂寥的陋巷小路 

您耽溺于如您那人格之解析般幽深的音乐中 

啊,将那幻听般的音乐化作心率之一拍 

您时而又为孤独者离奇的一时兴起与诙谐充斥 

——醉于酒意 

亮灯时于急行的自行车旁行去 

啊,无人曾想象此刻您心中风景 

混迹于都市之嘈杂 

(混迹于文学者之群) 

您如同越狱犯,又如同追踪他的侦探 

亦恐怖,亦战栗,亦紧张,亦推理,亦幻想,亦错觉 

飘然如影般行过陋巷 

换言之,您便是一位流浪者,无归无宿 

厌恶旅行的漂泊者 

梦游病者(somnambule)

零(zero)之零(zero)

 

而您便是于此圣世实存于大地之上独一无二之诗人 

无可替代,无其二者的唯一最上之诗人 

唯您将人生,如其本原不混他物地率直歌颂 

以作文者无其夸价,如其本原的价值歌颂 

以不可思议之话语,不可思议之手法,不可思议之智慧 

您是诗语的罗盘,在您的航海图上 

精密、贵重、生彩人生的最近似值,为我们的美洲大陆所发见 

您方是诗界的哥伦布 

在您之前,巧舌如簧的冒牌木偶们 

召集弟子横行霸道(这便是所谓世间 

文人墨客,跳蚤市场,无情理之人) 

以黑缎作饰,昨夜于您像前 

暂落伤泪 

您之一生,似划过夜天一星 

单纯、率直 

孤高、遥远 

且灿烂地 

从我等头顶飞去 

师啊 

谁人将慨叹您之孤独

 

 

 

 

 

 

 

師よ 萩原朔太郎

    三好達治

 

幽愁の鬱塊

懷疑と厭世との 思索と彷徨との

あなたのあの懷かしい人格は

なま溫かい溶岩(ラヴア)のやうな

不思議な音樂そのままの不朽の凝晶體――

あああの灰色の誰人の手にも捉へるすべのない影

ああ實に あなたはその影のやうに飄々として

いつもうらぶれた淋しい裏町の小路をゆかれる

あなたはいつもあなたのその人格の解きほごしのやうなまどはし深い音樂に聽き耽りながら

ああその幻聽のやうな一つの音樂を心に拍子とりながら

あなたはまた時として孤獨者の突拍子もない思ひつきと諧謔にみち溢れて

――醉つ拂つて

灯ともし頃の遽だしい自轉車の行きすがふ間をゆかれる

ああそのあなたの心理風景を想像してみる者もない

都會の雜沓の中にまぎれて

(文學者どもの中にまぎれてさ)

あなたはまるで脫獄囚のやうに 或はまた彼を追跡する密偵のやうに

恐怖し 戰慄し 緊張し 推理し 幻想し 錯覺し

飄々として影のやうに裏町をゆかれる

いはばあなたは一人の無賴漢 宿なし

旅行嫌ひの漂泊者

夢遊病者(ソムナンビユール)

零(ゼロ)の零(ゼロ)

 

そしてあなたはこの聖代に實に地上に存在した無二の詩人

かけがへのない 二人目のない唯一最上の詩人でした

あなたばかりが人生を ただそのままにまつ直ぐに混ぜものなしに歌ひ上げる

作文屋どもの掛け値のない そのままの値段で歌ひ上げる

不思議な言葉を 不思議な技術を 不思議な知慧をもつてゐた

あなたは詩語のコンパスで あなたの航海地圖の上に

精密な 貴重な 生彩ある人生の最近似値を 我らのアメリカ大陸を發見した

あなたこそまさしく詩界のコロンブス

あなたの前で喰せ物の口の達者な木偶(でぐ)どもが

お弟子を集めて橫行する(これが世間といふものだ

文人墨客 蚤の市 出性の知れた奴はない)

黑いリボンに飾󠄁られた 先夜はあなたの寫眞の前で

しばらく淚が流れたが

思ふにあなたの人生は 夜天をつたふ星のやうに

單純に 率直に

高く 遙かに

燦爛として

われらの頭上を飛び過ぎた

師よ

誰があなたの孤獨を嘆くか